« テレビの視聴スタイル | トップページ | 道州制 »

荒川沖駅殺人事件

この事件を思うにやはり孤独でゲームに熱中する人物はとかくバーチャルの世界を現実のものにしようと気持ちが高揚していくようだ。 

過去の殺人事件を振り返ってみてもゲームに没頭していた人物が殺人事件を起こしてしまうリスクは相当高いと思わざるをえない。

勿論ゲーム好きが全員殺人事件を起こすわけはない。 その人の性格、人格がバランスがとれていれば、悪い方向に収束はしない。 屈折した性格の持ち主が危ない。 周囲の人たちが気をつけてみてあげることも犯罪へ向かうのを引き止める大事な手段と考える。

オタク産業白書 [2008]

著者:株式会社メディアクリエイト
販売元:メディアクリエイト
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« テレビの視聴スタイル | トップページ | 道州制 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒川沖駅殺人事件:

« テレビの視聴スタイル | トップページ | 道州制 »