« 春のセンバツ | トップページ | タイタニック »

光陰矢の如し

一月が経つのは早い。 桜が咲き始めたと思うともう4月だ。 そして誕生日が近づき70歳になる。 そしてその5年後は姥捨て山と揶揄されている、後期高齢者医療制度の枠にはめ込まれることになる。

これからは若いうちから自分の健康には十分配慮をした生活をしなければ、高齢になってから病院通いを強いられる体になっては大変なことになってしまう。 気をつけよう。

月刊ケアマネジメント 2007年7月号 [特集 知っておきたい!! 後期高齢者医療制度] Book 月刊ケアマネジメント 2007年7月号 [特集 知っておきたい!! 後期高齢者医療制度]

販売元:環境新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 春のセンバツ | トップページ | タイタニック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光陰矢の如し:

« 春のセンバツ | トップページ | タイタニック »