« 4月も終わりだ | トップページ | 国土交通省 »

聖火が長野市内に入った

聖火が長野市内に入った。 全く馬鹿げた聖火リレーになりそうだ。

この根源は中国のチベット弾圧にある。 それさえなかったら順調に出来たはずなのだ。 中国は恥をしらなければならない。 そもそも聖火とは聖なる火なのだ。 おいそれと簡単に誰でも近寄れる存在では無いはずだ。

中国のチベット弾圧のために、中国に非難の矢が飛ぶことになった。 従って中国は何としてでも聖火リレーが妨害されないように気を使わなければならなくなってしまったわけだ。 いわば自業自得だ。 ただ、言っておきたいのは日本の警備はしっかりしているのでフレーム・アテンダントなるものは不必要だということだ。 招かざる客は日本には似合わない。

サミット・北京五輪が危ない! テロ警備の死角(フォーサイト
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

|

« 4月も終わりだ | トップページ | 国土交通省 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖火が長野市内に入った:

« 4月も終わりだ | トップページ | 国土交通省 »