« ダイヤモンド0.1カラットのばらまき効果は? | トップページ | 経済不況と馬券 »

カメラとの出会い

カメラとの出会いは子供の頃だ。 少年雑誌の付録で現像、定着などを経験した。 自分で写真が出来る楽しさはこの上もなくこの少年の心をうきうきさせていた。 運動会のときの出店に並ぶ日光写真も楽しんだがお仕着せの画像しか得られないのでカメラとは楽しさの質が違っていた。 フィルム、現像液、定着液、印画紙は少年雑誌に掲載されていた広告を頼りに注文して手に入れたものだ。 郵便局の振替用紙の使い方はこのとき覚えたものだ。

カメラに対する思い入れは強く(その割には上達はしていない)今でもパソコンでの画像処理を楽しんでいる。 アナログカメラはNIKONでデジタルカメラはカシオというわけだ。

|

« ダイヤモンド0.1カラットのばらまき効果は? | トップページ | 経済不況と馬券 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラとの出会い:

« ダイヤモンド0.1カラットのばらまき効果は? | トップページ | 経済不況と馬券 »