« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

新党乱立 ブロガーの評価は

リンク: 新党乱立 ブロガーの評価は.

新党乱立はこのましい。 とにかく自民党を崩壊させたいのだ。 自民党を離党した連中は自民党には戻らない。 連立はあるかも知れないが政策や法案の方向性が異なると社民党のように 「いやだ」 と言う可能性がある。 そうするとこの場合、連立自民は過半数を得られない。 そこで民主党が巾を効かせることが出来るということになる。

マスコミ報道は今度の選挙で民主党は過半数割れをすると言っているが、それは当たらない。 民主党の議席をへらすとまたもとの悪政自民党の復活となってしまう。

民主党は今は未だ 「陣痛」 の期間なのだ。 政策がいまいちと言って簡単に諦めては性急過ぎる。 芽が出てくるまで温かく見守ることが必要だ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカーW杯代表応援する?

リンク: サッカーW杯代表応援する?.

サッカーW杯はあまり興味がわかない。 だって、この頃弱いんだもん。 岡やんでは勝てないだろう。 そのつもりで期待しないで待つことにする。 BIGも当たらないし・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孫正義さんの講演に反響

リンク: 孫正義さんの講演に反響.

上記の記事についてまず最初に言いたいのは 「プレゼン」 と言う言い方を止めて貰いたい。 "presentation" という正しい英語があるのだからまじめに 「プレゼンテーション」 と言ってもらいたい。 英語に係りのある仕事をしている人なら誰しもこの 「プレゼン」 という言い方を苦々しく感じているはずだ。

さて、光ファイバーはレスポンスが高速なのは知識として知っているが料金が高すぎる。 集合住宅の場合は少しは安いが、戸建て住宅の場合はそうはいかない。 こちとらはそのためにケーブルで我慢している。 NTTからは何回断ってもしつこく 「近くで工事をしているので」 と嘘ばっかり言って勧誘の電話がっかってくる。 

ケーブルの契約解除料金と光にした場合の差額をずっと負担してくれるなら嬉々として乗り換えるのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWの高速道路渋滞は昨年並み

リンク: GWの高速道路渋滞は昨年並み.

若い頃のGWがなつかしい。 よく高速を使って遠くにドライブをしたものだ。 小遣いをこっちに殆ど使っていた。 今はそれどころではない。 高速料金が値下げになっても出かける気にはならない。 年金生活とは本当に厳しいものがある。 先々のことを考えると蓄えがあるからと言ってそれを思慮無く使ってしまうわけには行かないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気自動車全盛の中国

上海万博がもうすぐ開催。 中国の電気自動車は世界をリードしているらしい。 政府が認可していないメーカーも参入している。 その品質はいい加減なものだと想像するが普及だけを考えると日本の先、いや世界の先端を走っているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舛添新党、船出に早くも暗雲

リンク: 舛添新党、船出に早くも暗雲.

自民党からの離党は自民党崩壊に繋がっているのでこれは非常によいことだ。 谷垣は 「離党するなら議員辞職すべきだ」 といかにもただしそうなことを言っているが過去の自民党だって議員辞職をしないままさんざん新党を作ってきたではないか。 とぼけるのもいい加減にしてほしい。

「新党さきがけ」 はどうだったのか。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマートフォン市場が熱い!

リンク: スマートフォン市場が熱い!.

iPhone は愛フォンに通ずる。 というのは電話を愛する人達のための電話だと思う。 要するに高価なオモチャの域を出ない。 普通の大人にとっては魅力のないものなのだ。 夢中になって手に入れようとしているのは報道で見るように若者なのだ。 多機能といっても実際に活用する部分というのはごくごく限られる部分だけに落ち着いてしまう。 よくよく考えてみると付加価値は決して高いとは言えないというのが我が持論だ。 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

自民 国民安心税公約に反響

リンク: 自民 国民安心税公約に反響.

「国民安心税」 とは軽い発想だ。 自民党も次第に鳩山首相に似てきて情緒的表現をとるようになってきたのか。 ため息が出るのぉ。 ホントに。

今朝のラジオを聞いてびっくりした。 それは借金は収入の8倍までが限度だという。 しかし國の借金は26倍になっているという。 これは夕張の破綻のレベルを遙かに超えているという。 なにやら財政破綻の國の将来が見えてしまっているではないか。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

天下りにメス!仕分け第2弾

リンク: 天下りにメス!仕分け第2弾.

徹底的に無駄遣いを排除して予算を捻出するのもいいが、その道の素人が事業仕分けをまともに出来るのかなと思う。 前回の 「そのように一方的に言われるのは心外です」 を思い出す。 新米国会議員のなかにも詳しい人がいるのであろうが、国会議員以外の第3者の立場の専門家を含む必要があるのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引きこもり高齢化を考える

リンク: 引きこもり高齢化を考える.

この事件は息子本人に大きな問題がある。 親が金を出してその親のカネを息子が管理すると言うことはこの息子は一体何を考えているのか。 究極の甘ったれ息子としか言いようがない。 自分の年を考えてみろと言いたい。 そんな大人になってしまったのは自分の忍耐と努力が不足していたからではないのか。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風水信じて道路標識倒す

リンク: 風水信じて道路標識倒す.

占いや風水を信じ込んでしまう性格の人はお気の毒なお方だと心の底からお悔やみ申し上げたい。 

何の科学的根拠も存在しえないものをどうして信じようという気持になってしまうのか。 こちとらには到底理解の域を超えている馬鹿げたことなのだ。

人間に生まれてきた以上もうすこし理知的に物事を考え、処理することが当然だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米紙 首相を酷評に波紋

リンク: 米紙 首相を酷評に波紋.

鳩山首相は米紙に 「愚か者」 と酷評された。 言い方がきついがそれは仕方がない。 何と言っても 「Trust me.」 の言い方が間違った。 アメリカ側の立場になるとこの言葉に騙されたという感情を持ったのだ。 Trust me. のような言い方をすると相手にとっては 「信じないのか」 と言われたと同じ気持ちにさせられるのだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラ撤去費32億に反響

リンク: カメラ撤去費32億に反響.

これは確かにおかしい話だ。 撤去費用に32億を支出すること事態が納得がいかない。 電源を抜くだけで済む。 カメラのレンズをふさぐのも簡単だ。 

撤去したとしてそのカメラをどうするのか。 中古品として売るのか。 それなら一部は撤去費用の一部を埋める事は出来る。 廃棄処分なら撤去せずに職員に電源を抜いたりレンズを何かで覆うことを指示すればよい。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

芸能人の喫煙、気にしない?

リンク: 芸能人の喫煙、気にしない?.

タバコという物は日本では敬遠されている異物なのだ。 若い者がタバコを吸うのは決して良いことではない。 昔から吸っている高齢者が絶えて行くにつれて日本人の喫煙が無くなればよいとさえ思うのだ。 喫煙者が激減することにより単価が高騰しやがて吸う人がいなくなることが理想だ。 肺がんの元凶ということが明らかになっているのに何故直ちに禁煙をしないのか理解に苦しむのだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

離婚の特集番組が話題に

リンク: 離婚の特集番組が話題に.

簡単に離婚を考えたり実行したりする人はもともと結婚ということを真剣に真面目に考えないで婚姻届を提出した人達だと思う。 結婚はその後の人生をそれなりに予測をした上でするものだ。 行き当たりばったりでは人生設計は立たない。 

1Q84 BOOK 3 Book 1Q84 BOOK 3

��ԡ�¼��ռ�
���丵����Ĭ��
ȯ����2010/04/16
Amazon.co.jp�Ǿܺ٤��ǧ����

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人の顔と名前を覚えるコツは

リンク: 人の顔と名前を覚えるコツは.

人の顔を覚えるのは苦手だ。 よく街を歩いているときとか新幹線や飛行機の中で 「あ、誰それだ」 と芸能人に気がつく人がいる。 決して誰かそういう人がいないかなぁと意識をして歩いているわけでもないのに・・・

こちとらにしてみると全く不思議で仕方がない。 よく分かるものだなと奇異な眼でその人を見つめてしまう。 芸能人のほうではなくてだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親同伴は当然!?大学の入学式

リンク: 親同伴は当然!?大学の入学式.

子どもの大学入学式に親が同伴するなんて実に滑稽極まりない世の中になってしまったものだ。 大笑いだ。 大学生は大人だ。 幼稚園の入学式ではない。 こういうのを超親ばかと言ってもまだ言い足りない。

同伴しても決して親の思うような大学生活を送る子ども達ではないのだ。 都会にはあらゆる遊びの誘惑が渦巻いている。 特に地方から出てきた新入学生は簡単に誘惑に乗り、そして騙され身も心も荒んでいくその実態を親は想像しなければならない。 「あの入学式の同伴は一体何だったんだ」 と言う結果を招きかねない。 子どもを甘やかせてはならない。
ライオンが子どもを突き放すように入学式は子どもだけで充分だ。 そこから早速独り立ちの試練を与えなければろくな人間に育たない。 自立心がなければ甘えの構造が出来上がってしまう。

こちとらは北海道から大阪まで一人で入学式に合わせて日本海側を寝台列車で出発したものだ。 当時、飛行機なんかに乗れる分際でもなくそれはそれは時間をかけて大変な思いをしたものだ。 青函トンネルはまだ完成してはいなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

由美かおる見納め、水戸黄門

リンク: 由美かおる見納め、水戸黄門.

由美かおるの入浴シーン。 水戸黄門は見る番組ではなかったので彼女の入浴シーンとやらも見なかった。 絶対見える筈がないので馬鹿馬鹿しいのだ。

そして最後の収録が終わったそうで、楽しみにしていた人にとっては見納めとなるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“坂本龍馬病”にご用心!?

リンク: “坂本龍馬病”にご用心!?.

坂本龍馬評は人によって見方が分かれる。 絶えず他人を非難するような性格の人は、上の引用記事の全般に表記されているように素直な気持になれない貧しい心の人間だ。 「そういう見方も出来る」 という器の大きい人間なら坂本龍馬に傾倒する人の考えを理解することは出来る。

坂本龍馬に傾倒することが恰も悪事を働いているかのような見方をするのは間違いだ。 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

無縁社会、改善できることは

リンク: 無縁社会、改善できることは.

無縁社会を地でいっている人間だ。 完全リタイアのため社会との接触はこのブログに対するレスしかない。 毎日としてはのこととしては。

あとは買い物やたまにかかってくる電話の応対だけだ。 従ってよく言葉を思い出せないことがある。 ブログを書いていてもそのとき頭に浮かんだ言葉を考えずに、もっと適切な言葉があるのではないかと考え直すこともしない自分だ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

維新を起こす?首長が新党

リンク: 維新を起こす?首長が新党.

知事は自分がやらなければならない本来の職務をまっとうせよ。 国政に気をとられるな。 だれも相手にはしていない有権者は。 大体が知事達は自信過剰なのだ。 みんな真面目にじぶんのことを考えてみろ。 いかに馬鹿なことをしているか気がつくはずだ。 もしも頭がくるっていなければのはなしだけど。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪も漫画規制に抗議殺到!

リンク: 大阪も漫画規制に抗議殺到!.

青少年の健全育成のためにはマンガの規制は当たり前の話だ。 表現の自由を侵されるというのはそんなくだらない漫画誌かかけない情けない輩達の言い分だ。 大体がそんなくだらない内容を書こうとする考えがもともと間違っているのだ。

良識ある大人なら性を中心に描いたマンガに反対するのが普通だ。 2大都市の知事がマンガ規制を考えているのは当然と言えば当然のことだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイトのリニューアル

あちこちのサイト運営者がサイトのリニューアルを敢行しているといったら大袈裟だがふと戸惑いを感じることがある。 goo のサイトでメールが開けないと言って問い合わせている人もいる。 こちとらも最初は分からなかったが、それと思しき所を進んでいくとたどり着いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

接客バイト学生に人気の理由

リンク: 接客バイト学生に人気の理由.

この記事を読む前にピンと来たがやっぱりそうなんだ。 近頃の若者はとにかく一言で言うと 「礼儀知らず」 「目上も目下も区別がない」 のだ。

やっぱり小学校、中学校では道徳教育をびしびしすべきなのだ。 もっとも、教える教師自体が道徳観念がないのだからどうしようもないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカでも“腰パン”論争

リンク: アメリカでも“腰パン”論争.

「腰パン」 なる言葉が存在することは誠に驚きだ。 呆れてしまう。 服装はその人の人柄を良く表している。 だらしのない服装はその人の神経構造に問題有りなのだ。 

ところで国母はまともな就職なんか出来るのか。 自分が社長だったら絶対採用はしない。 万が一学業成績がオール 「優」 だったとしてもだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

教習所無償化 信じる人も…

リンク: 教習所無償化 信じる人も….

教習所無償化本当かと思った。 これは1本参ったぞ。 ホントに!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

auスマートフォンに意見様々

リンク: auスマートフォンに意見様々.

最近の携帯電話は異常に進化をしている。 その必要もないのに。 携帯電話ではなくて 「電話も出来るパソコン」 と言ったほうが的確なネーミングだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の新入社員の傾向は?

リンク: 今年の新入社員の傾向は?.

別にゆとり教育を受けた最初の世代と言っても人間的に異なるわけではないので採用者側が気にすることではない。

いかなる家庭環境で自身がどんな勉強や生活をしてきたかが、人間性を決めるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郵政案、民主が亀井案をのむ

リンク: 郵政案、民主が亀井案をのむ.

民主党が何か新しいことをしようとするとマスコミはすぐ 「選挙対策」 と言うがそれは根本的に間違っている。 そんなことを言っていたら改革は何もできないことになり、自民党の肩代わりを民主党がすることになってしまうではないか。 マスコミはもうすこし真面目に物事を考える必要があるのだ。

郵貯の 「1000万円を超える部分は保証がないですよ。 いいですね。」 と預け入れる時に顧客に充分説明し、預け入れ書にもそのことを明記すれば別にどうということはない。 何が誤解をして2000万円まで保証するものと勘違いするというのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エイプリルフールで離婚危機

リンク: エイプリルフールで離婚危機.

世の中にはユーモアも冗談も通じない世間知らずがいるものだ。 真面目一方の毎日の人生で何が楽しいというのだ。

心に潤いもない日常は過ごしたくないものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »