« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

壽陵

久し振りに壽陵の清掃をしてきた。 毎月一回見回りに行っているが、汚れていないのでそのまま何もしないで帰ってきていた。 2回ばかりそういうことが続いた。 先月の30日に義父の3回忌のついでに壽陵を見回ったので、定期巡回日が15日から月末に変えた。 それが今日ということだ。

霊園は静まりかえっていた。 一組、二組とときどき墓参の人が歩いていたが、やはりみんな淋しそうに見える。 墓地のまま墓をまだ建てないままになっていたところも殆ど建て終わったようだ。 烏がときおり不吉な鳴き声で飛んでいた。 野良猫集団を写真に納めていた人がいた。 

次回は墓標の彫刻文字のなかに貯まった誇りを掃除する道具を持って行かなければならない。

あのAKB48や森田健作知事からも「おいしい~」と言わせた珈琲豆専門店!
メルマガ会員登録で300円プレゼント
プレジーコーヒービーンズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卑劣な動画 退学処罰に反響

リンク: 卑劣な動画 退学処罰に反響.

世の中に男と女がいる以上こういう画像に興味のある男性がいることは否めない。 ただ人間には倫理観というものがある。 時と、場所と、場合をわきまえて楽しむことは悪いことではない。 ただ、この問題の動画がいかなるものだったかが分からないのでこちとらとしては何とも言えないのが残念だ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

「幼児化する男たち」に反響

リンク: 「幼児化する男たち」に反響.

このタイトルに釣られて読んでみたがなんだかこちとらには難しすぎてまるで哲学書を読むようだった。 そんなに難しく考えなくてもよいのではないのか。

要するに甘やかされて育ったために、我が儘な性格のまま体だけが大人になったということだ。 心身ともに成長せず、「身」 だけがお化けのように成長してしまったわけだ。 モンスターペアレント達を観察するとそのへんのことがよく分かる。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

日焼けマシンのリスクに警鐘

リンク: 日焼けマシンのリスクに警鐘.

「紫外線」 は根本的に皮膚癌を誘発するという常識を持ってほしい。 疑似日焼けをしなければならない馬鹿な理由はこれ一つとしてないということを学ぶべきだ。

商魂逞しい商人達に高額な費用を払ってまで皮膚癌を希望しているような日焼けサロンだ。 全く笑ってしまう。

皮膚癌になって、醜い肌になり、人前に皮膚をさらすことも出来なくなる。 そしてやがては 「死」 というものが待っている。 おろかな日焼けは避けることが常識中の常識と言えよう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本、決勝トーナメントへ!

リンク: 日本、決勝トーナメントへ!.

今回たまたま勝利したからといって次も勝つ保証は全くない。 むしろ試合開催前の交流試合のときが真の実力だと思う。

本当に強いチームは常に勝っていなければならないはずだ。 負けてきた回数のほうが多い場合はやっぱりそれが実力というものだ。 岡田監督の試合中の采配のふりかたがいかにも生彩がないのを見てもうなずけることだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

欧州、犬に対する規制と罰金

リンク: 欧州、犬に対する規制と罰金.

欧州は総じてペットの管理に厳しい。 旅行で感じたが罰則がしっかりと決められているし、税金もペットのために使われている。 犬の公園があるほどだ。

ウンチをずるっと踏んではあとが大変だ。 靴底の滑り止めの加工溝に埋まり厄介なことになってしまう。

我が家近くの公園での経験だった。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社の英語公用語化は必要か

リンク: 会社の英語公用語化は必要か.

会社の英語公用語化は必要だ。 人材を失うと言う見方があるのは残念だ。 そういう人材も努力してマスターすればよい。 今、日産のゴーン社長が役員報酬が凄いと話題になっているが、日産本社はもちろんのこと、主たる系列会社にも英語でビジネスを実現している。 

英語は何も営業部門だけが使うものではない。 技術関係も英語が必要な時代にとっくになっている。 自分は現役時代に貿易実務を担当していたが、技術文書の作成を製造、技術部門から依頼されてこなしていた経験がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枝野幹事長、国会運営を反省

リンク: 枝野幹事長、国会運営を反省.

まあ確かに正論で言えばそうなるが、世の中きれい事で進んでいけば問題はないが、現実はなかなかそうはいかない。 枝野幹事長はあまり正論に縛られると、野党に理詰めで迫られると不本意ながら従わざるをえなくなることに心の底から気を付けなければならない。

よく 「墓穴を掘る」 と言われることがある。 自民党は長期政権で奢りがあるので、いちいち言うことを聞かないようにしてほしい。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

待ち合わせの30分前到着が常識


ブログネタ: 待ち合わせ、何分前に着くようにしてる?参加数拍手

待ち合わせであろうが公的予約であろうが30分前到着予定を常識としている。 家から歩いて行けるところや電車の時間が読める場合は別として。 

先ず最初にバスに乗らなければどの駅にも行けない所に住んでいるためだ。 バスが間引き運転をしたり遅延したりすると瞬く間に時間が過ぎてしまう。

そして彼女と自由が丘の喫茶店(古い昔の話だ)ルノアールでの待ち合わせは約束の時間から2時間待ったこともある。 随分気の長い話だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPadのデメリットとは…

リンク: iPadのデメリットとは….

この手の商品には興味も何もない。 もちろん買う気はさらさらない。 リンク記事のキャプションに興味があったので読んでみた。 デメリットについて技術的なことが書かれているのかと期待したが、それは書かれてはいなかった。 エンジニアとしてはそこが知りたいのに。

大体、あんなものをネットに繋いで時間を忘れて使い続けていると接続料金も大変だ。 大金持ちでなければ請求書を見てぶったまげることになろう。

バッテリーだって長寿命に成ったからと言っても24時間入れっぱなしということは不可能だ。 途中でバッテリーが切れたらすべてお手上げだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯に夢中の夫に妻ブチ切れ

リンク: W杯に夢中の夫に妻ブチ切れ.

サッカーに夢中になるほど馬鹿げた行為は無いと思う。 そんなものはあとで結果を知ればいいことだ。 特別な事情があるときは。

日本もサッカーを大袈裟に取り上げている。 昨日の対オランダ戦は負けると信じていたのでああ、やっぱりと思っただけだった。 闘い終わったあとの選手のインタビューも興味が無くパソコンに向かったというわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脚光浴びるおしゃれステテコ

リンク: 脚光浴びるおしゃれステテコ.

ステテコは男の必需品だが、くそあつい真夏はステテコすらはきたくなくなる。 この数年、年金暮らしになってからというもの、クーラーを使わないのでパンツ1丁の真夏の生活を強いられている。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

和式トイレNGの子供が増加?

リンク: 和式トイレNGの子供が増加?.

和式トイレが使えない日本人は日本人ではないことを考えてみるべきだ。
誰が汚い尻を便座にくっつけたのか分からない公衆トイレの和式は忌み嫌う物である。

自分はロールペーパーを長く引き出してそれを便座に沿って乗せてその上に座ることにしている。 座ろうとするとズボンが当たって下にずり落ちてしまうこともしょっちゅうだがそのときはまたやり直しだ。

又、笑えるのは和式トイレになれた人が洋式の便座に両足を乗せてしゃがんでいるのを目撃してびっくりしたという話も聞いたことがある。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷垣氏の決意、国民に届くか

リンク: 谷垣氏の決意、国民に届くか.

谷垣は本当に自分にとって不利な民主党の批判しかしていない。 本当に谷垣はバカだと思う。 民主党批判オンリーの自民党をどうして好感を持って指示出来るというのか。 「民主党批判ばかりをしてきてごめんなさい。 これからはこのようなことは一切言わず、自民党が政権を取ったときの政策を訴えることに改めました。」 と言えば民主党の過半数を阻止できるかもしれない。

これらのことは、民主党批判に徹している野党全てに対しても共通に言えることだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

農薬を使わない防虫スプレー

リンク: 農薬を使わない防虫スプレー.

虫の活躍するシーズンがやってきた。 ゴキブリは冬も出てくるが夏はもっと出てくる。 温かいのが好きな害虫だ。 最近はゴキブリも仲間がゴキブリホイホイに引っ掛かったのをみて学習するらしく世間知らずの(www)小さな子どもしか捕獲出来なくなった。

そこで今、人気の農薬を使わない防虫スプレーを買ってみようかという気持になった。 そういえば、このネーミングの防虫スプレーを薬局でみた記憶がある。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅内閣は、口蹄疫に勝てるか

リンク: 菅内閣は、口蹄疫に勝てるか.

最終的には収束すると思うが、即効的には勝てないと思う。 想像もしなかった都城市でも発生したからだ。 今のところ宮崎県内に留まっているが、これは寧ろ不可思議というべきであって、隣県に汚染が地域が拡大する可能性を否定できる根拠は何もない。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学受験中に襲った悲劇

リンク: 大学受験中に襲った悲劇.

中国の一人っ子政策の産んだ悲劇。 子供が一人しかいなければその子に対する親の期待は想像を絶するものだと思う。 その娘の大学入試に付き添った両親が帰宅途上交通事故で亡くなった。 娘は一晩中泣きはらし睡眠はとっていなかったが、周囲の励ましで何とか受験を終えたが合否はまだ分かっていない。

でも中国は何故一人っ子政策を取っているのか。 北朝鮮のように国は国民を守る力がないのか。 あとで調べてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べるラー油バーガーが話題

リンク: 食べるラー油バーガーが話題.

生活習慣病がこれほど騒がれているというのにラー油バーガーなんかを作り罪の無い消費者の健康を損ねるのかといいたい。 美味しいから食べるというのは、気をつけなければならない。 あくまでも自分の健康を守ることを優先に考えなければならないのだ。

ラー油は高脂血症、高血圧、脳梗塞などの原因とは全く関係が無いのか。 そんなことはないだろう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

海と共に生涯を終えた海女

リンク: 海と共に生涯を終えた海女.

久しぶりに感動した話題だ。 志摩半島というと三島由紀夫の 「潮騒」 しか頭に浮かばない自分だが、このリンク記事は人の心を暖めもするし、寂しいものにもするものだ。 

今度本屋によって 「サライ」 7月号を立ち読みしてみよう。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/B003O53DES/ref=dp_image_0?ie=UTF8&n=465392&s=books



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットで話題 はやぶさ帰還

リンク: ネットで話題 はやぶさ帰還.

「はやぶさ」 の帰還は宝くじを当てるほどに困難らしい。 搭載電池が切れてしまっているらしい。 予定を遥かに超えての宇宙滞在になってしまったことがその理由だ。

それにしても日本の科学技術はたいしたものだと思う。 「イトカワ」 という名前を聞いたのはずっと昔のことだ。 そのイトカワが現役で仕事をしていたとは驚きだ。 金星の(だったかな?)砂を採取して戻ってくるそういだ。 

いつも思うが宇宙のそういうものを調べて何かが判明したところで人類に何の利益をもたらすのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鼻炎薬から覚せい剤密造

化学に長けている人はいるものだ。 自分は化学が不得意中の最不得意だった。 その最たる理由は化学方程式において、何故AB+CDが AC+BD になり、 AD+BC にはなりえないのか。 そこが永久に分からなかった。 要するにイコールの右辺は左辺の組み合わせによってどうなるかを暗記していなければならないという自分にとってのい不都合だった。

前置きが長くなったがイラン人の男二人が自宅の屋根裏部屋で鼻炎薬などを原料に覚せい剤を密造していた容疑で逮捕されたというのだ。 原料から覚せい剤の完成品を作っていた例はきわめて異例で、組織的に製造販売をしていた疑いがあるとのことだ。

化学知識を駆使して覚せい剤を作ることの出来る人を尊敬するものだ。 自分が化学音痴であるがゆえにだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池上彰氏の解説、人気の理由

リンク: 池上彰氏の解説、人気の理由.

この番組は確かに魅かれるものがあるが時間が長すぎるので見たい他の番組と重なるので引いてしまうことがたびたびだ。 録画をすればいいではないかと反論したくなる人もいると思うが、後で見るというのは結構負担になり、録画をしっぱなしで見ないことが結構あるのだ。

せめて30分番組にしてほしい。

話は違うが池上氏は確か昔、教育テレビで何かを担当していたとおもうが、記憶違いか。 その後、総合テレビで 「週間こどもニュース」 を担当していたのは明確に覚えているが・・・

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカーは勝つことを期待するな

南アのサッカーを期待するな。 練習試合やら交流試合やらで負けてばかりの日本なのだ。 強いわけはない。 最初から期待せず、勝ったらもうけもの程度で冷ややかに結果を待つのがストレスを感じず健康によい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清原和博、草食系男子に喝!

リンク: 清原和博、草食系男子に喝!.

草食系で何が悪い? 自分が常に正しいと思い上がっている清原みたいな人間は大っきらいだ。 周りからなんだかんだとチヤホヤされるとすぐ調子に乗ってしまう思慮に欠けるやつは人間のくずだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる言葉

気になる言葉に福島党首が好んで使う、いや殆ど意味の無い口癖かもしれないが、「きちっと」 というのがある。 そんなにこと全て 「きちっと」 成し遂げることは出来ない。

テレビ報道を見ていると本当にこの福島党首の言う 「きちっと」 が気になるのだ。 言う回数があまりにも多すぎるからだ。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 米国で確立されたマグネットセラピーが多くの症状を緩和 14000ガウスの磁力が生み出す美と健康の世界 マグネットブレスレット『バイタルシリーズ』 http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1NWCGB+EKJ3OA+Y92+1TIR4J  〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる言葉

気になる言葉に 「女の子」 がある。 会社員でありながら職場の男性からは 「女の子」 呼ばわりをされている。 何故か? そういう呼び方は禁止して貰いたい。 「女の子」 と呼ばれることで仕事そっちのけの 「甘えの精神」 が醸成されていくからだ。 「女子社員」 あるいは 「職業婦人」 ← これは言い過ぎか。 自分のような年輩の人間にしか思いつかない昔の呼称だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる言葉(苗字)

民主党の代表選に立候補している聞いたこともない知名度の全くない(普通の人にはのことだけど)樽床という名前だ。

漫然とテレビ報道に耳を傾けていると何回聞かされても 「サルコジ」 と聞こえてくるのだ。 それはフランスの大統領の名前 「サルコジ」 を聞く耳が学習をしきっているため、自然に樽床ではなくて、サルコジと聞いてしまうのだ。

まあ、代表は菅氏に決まっているようなもので、サルコジいや樽床は無競争と自民党に言われるのを避けるための民主党の演出ないしは猿芝居にすぎないのだ。 サルコジ、ああ、また間違えた、いや樽床氏は見せ物として恥をさらす役目で終わるのだ。 世代交代と言っているが急にそんなことは出来ないししてはならない。 会社の役員が少しずつ次の世代に交代していくように、人生経験と社会経験を積んできた人間が現場をしきらなければならないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あしなが寄付が減ったワケは

リンク: あしなが寄付が減ったワケは.

今の高校生は真剣に大学受験勉強をしている連中以外は友達に会うために学校に行っているだけだ。 だから勉強はそっちのけになっている。

卒業しても漢字さえ満足に書けないではないか。 義務教育の中学校を卒業した時点で書けなければならないはずの漢字さえ満足に書けないのだ。 あしなが寄付が減っても実質的な弊害はないと思う。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

注目の『iPad』使い心地は?

リンク: 注目の『iPad』使い心地は?.

真面目に考えてみるとこんなものがもてはやされて売れてしまっていいものかと非常に将来の日本が心配になってくる。 国民は総白雉化するのではないのかと思う。 頭を使わないということはその必要が無くなってくるということなので、脳が次第に退化していく可能性がひそんでいるとおもう。 こんなものを相手にしないで今まで通りの暮らし方をしたいものだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペットボトル症候群の怖さ

リンク: ペットボトル症候群の怖さ.

若い時代は体のことを気にすることもなく欲しいままに飲食をするものだ。
そして中高年になってそのツケが廻ってくる。 このことに若い人達は気をつけなければならない。 特に糖尿病は大変な病気であることを真剣に考えておく必要がある。 家庭医学書を買わなくとも本屋で立ち読みをするだけでも必要な知識は得られよう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »