« 年末年始 海外旅行 | トップページ | ペニーオークション »

マンモグラフィー

テレビ番組を中心とする情報化社会になり、医療関係のものが増えてきている。 

「本当は怖い・・・」 や教育テレビ、NHKラジオの医療相談などである。 年のせいでそういう番組を好んで見たり、聞いたりしているが、がんはやはり死と直結しているようで恐ろしい。 ただ、早期発見が命を救うことだけは絶対確かなことのようだ。

山田邦子の乳がんは、本人が積極的に自己の体験から早期発見の大切さをいろいろな形でキャンペーンをしているのは周知の事実だ。 乳がんは本人があるときふとしたことで異変に気がつく場合がある。 我が妹もそうだった。 ただ、それでは如何にも早期発見ということを考えれば頼りないことではないか。 やはり、面倒でもマンモグラフィーによる定期検診が必用になる。

高井クリニックは、群馬県にある院長以外のスタッフ(看護師、放射線技師、薬剤師、事務職員)は全員女性のクリニックで、安心して乳腺専門医による乳がん検査を受けることができる。

一方、胃がんや食道がんの検診で口からカメラを入れるのが苦手の場合でも、今は鼻から入れる経鼻内視鏡という検査器具が登場して被検者の負担が軽くなったのはうれしい。  がんは定期検診で命が救えることを肝に銘じてそれを実行することだ。 

|

« 年末年始 海外旅行 | トップページ | ペニーオークション »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年末年始 海外旅行 | トップページ | ペニーオークション »