ギャンブル

宝くじ

宝くじでも買ってみようかと売り場を見るたびに思うが2度ばかりジャンボ宝くじを買っただけで、以後は買っていない。 どうしても 「当たるわけがない」 という冷静な気持が支配してしまうのだ。 こういうタイプの人間は大損をしないが大もうけもしない面白くない人生を送ることになる。

「夢を買う」 という旨い言葉がある。 確かにそう思えば当たらなくても抽選日までの夢を見たのだから納得できる。 当たらなくてもショックを受けない範囲での金額で宝くじを買うのは良いと思う。 新聞のナンバーズ3、ナンバーズ4,ミニロトの当選番号の記事を見て思ったことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経済不況と馬券

小泉の圧力があったのか、自民党も考えていた世襲制度は次の次からにトーンダウンした。 息子の進二郎を世襲で当選させようとする汚いやりかただ。 これでは自民党はぶっこわれない。 自民党政治では庶民の生活も楽にならない。 さて、こういう不況の世の中、一発あてて人生を変えられたら素晴らしいではないか。 ここにその人生を変える可能性を秘めた情報源を紹介しておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株価下落止まらず

株価下落が止まらず勝ち組に対しいい気味だと思う。 有り余っている金を増やそうと株なんかを買うからそんなめに合うのだ。

株という船に乗ってしまうとあとは波まかせになるしかない。 その浮き沈みをする波を自分の都合の良いようにコントロールはできない。 できるわけもないのだ。 舵取りの免許もない土素人が株なんかを買うのは最初から間違っているのだ。

どうしても買いたいのなら1日中ネットで株価の変動ばかりを監視し、どんどん下がる傾向を素早くキャッチし売り抜けなければ損失が待っているのみだ。

『会社四季報』がもっとわかる 株で儲けるための「会社の数字」の読み方―株式投資家のための会計知識 Book 『会社四季報』がもっとわかる 株で儲けるための「会社の数字」の読み方―株式投資家のための会計知識

著者:井口 秀昭
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)